中国ドラマ「永遠の桃花~三生三世~」第13話~第16話のネタバレあらすじ

第13話

第13話「夜華の初恋」

 

夜華(やか)は人間界で白浅(はくせん)と三月も共寝してしまい、自分が彼女を娶らなければと思い始める。

ある日、小さい竜の姿になった夜華を籠の中に入れて市街まで外出した白浅は、先日玉清崑崙扇を奪おうとした道士に籠からはみ出た夜華の尻尾を見られ、黒蛇だと思い込んだ道士に妖女だと言いふらされてしまう。それを聞いた民は夜華を焼き殺そうとし、庇おうとする白浅に物を投げつけるが、夜華が黒竜に変身して道士に水を吹きかけて懲らしめる。夜華は驚く白浅に、天族に居場所を知られたから数日待っているよう伝えて天宮に戻っていった。

7万年ぶりに金猊獣(きんげいじゅう)と再会した臙脂(えんじ)は、離怨(りえん)が離鏡(りけい)によって極寒の地に追放され監禁されていることを知らされ、金猊獣は離怨を救うには極寒の地に入るための兵符を盗む必要があると臙脂に伝える。

夜華は、人間界の娘と一緒になりたいと連宋(れんそう)に相談し、女性の心をつかむ方法を教えてもらった夜華は苦肉の計を実行することにして、大怪我をした人間を装うと白浅の住む小屋の前に座り込む。

夜華に気づいた白浅は彼を小屋に泊めて介抱することにし、夜華は名もなく家族も友人もいないという彼女に「素素(そそ)」と名付ける。翌朝、薬草を摘みに出かけて道に迷った素素を捜しに行った夜華は、素素からこの前まで一緒に過ごしていたという黒竜の話を聞き…。

 

第14話

第14話「愛の誓い」

 

翼界に戻った臙脂(えんじ)から玉清崑崙扇を渡された離鏡(りけい)は、人間界に行って司音(しいん)を捜すが、素素(そそ)素素(そそ)が住んでいる家は夜華(やか)によって仙障で覆われて見えないようになっており、何の痕跡も見つけれなかった。離鏡に気付いた夜華は玉清崑崙扇を返すよう要求し、離鏡は玉清崑崙扇を夜華に渡すとその場を後にした。

太晨宮に潜り込んだものの東華帝君(とうかていくん)に一度も会えていない白鳳九(はくほうきゅう)に、司命星君(しめいせいくん)は、東華帝君は四海八荒の大事以外に興味はなく恩返しをしなくても構わないのだと伝えるが、諦めない彼女を見かねて東華帝君に拝謁する機会を作る。だが、東華帝君は白鳳九に対して何の反応も示さなかった。

素素は食糧が尽きかけてもう世話することができないと夜華に告げ、夜華が助けてもらった恩を返すと言うと、素素は恩を返すならその身を捧げて欲しいと伝える。夜華はそれに応えて素素と夫婦になる儀式をすると約束し、二人だけで婚礼を挙げ、夫婦となる誓いを立てて結ばれる。

 

第15話

第15話「天族の政略結婚」

 

夜華(やか)に嫁ぐための策として、名目上の天君(てんくん)の側室となった素錦(そきん)は、祖先の祭祀と天族の支族の首領に会いに行く際に夜華を同行させることを天君に了承させる。

臙脂(えんじ)は玄女(げんじょ)の協力で兵符を手に入れ、離怨(りえん)を助けに向かう。王妃となってから7万年間一度も離鏡(りけい)に触れられていない玄女は、妹にも裏切られ自分以外に味方がいなくなった離鏡の心を今度こそつかんで見せると決意し、司音(しいん)の衣を身に纏うと酒に酔った離鏡を誘惑する。

人間界で新婚の朝を迎えた夜華と素素(そそ)だったが、素素が料理をして火事を起こしてしまい、夜華は素素の目を隠すと仙術で火を消して家を元通りにする。素素は素素は夜華のことを妖怪かと疑うが、怖がらずに夫婦なのだから夜華が何者でもついていき、裏切らない限り永遠に離れないと思いを伝える。夜華はそんな素素の思いを聞いても正体を明かせず、妖怪ではなく少しだけ仙術の修行をした人間だと自らを偽ってしまう。

その後、夜華は素素と食糧を採りに出かけていたが、天宮での夜華の住まいである洗梧宮に天君が来たと察知して天界に戻る羽目になり、素素は突然姿を消した夜華を捜す。連宋(れんそう)は夜華が人間の娘を娶ることを天君は許さず、天界の一日が人間界の一年だから二月あれば添い遂げられると夜華に言い、素素を危険な目に遭わせるだけだと、彼女を天界に連れて行きたいという夜華の考えを否定するが…。

 

第16話

第16話「夫婦の約束」

 

臙脂(えんじ)は極寒の地に行き、幽閉されている離怨(りえん)と7万年ぶりに再会して助け出す。それを知った離鏡(りけい)は、兵符を臙脂に渡した玄女(げんじょ)を非難する。

素錦(そきん)と祭祀に出かけた夜華(やか)は、素錦が首領と会っている間に一度人間界に戻って素素(そそ)と会う。人間界では夜華が姿を消してから半年が経っており、素素は何があったのかを聞こうとするが、夜華は本当のことを言えず、翌朝になると今度は一年か二年は会えないと伝え、会話ができる銅鏡を素素に渡して天界に戻った。

夜華は連宋(れんそう)に、素素の命を守りずっと彼女と一緒にいるために、鮫人族との戦で死んだと見せかける計画を考えたことを伝える。夜華は天君(てんくん)と天族のために行う最後の務めとして、天族の士族の首領たちに、7万年前の翼族との戦いで多くの犠牲を払ったことは忘れないと敬意を示し、過去の遺恨を捨てて鮫人族と戦うために出兵してほしいと請い、首領たちは出兵を約束する。天宮に戻って天君に成果を報告した夜華は、長海水君に会い、鮫人族の動向を見るために長海に行くことにする。

 

「永遠の桃花~三生三世~」の動画視聴・あらすじ | U-NEXT
「永遠の桃花~三生三世~」を今すぐ視聴できます。みどころ・あらすじも併せて確認。DVDをレンタルせずに高画質な動画をみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました